タクシー運転手を始めよう

タクシー運転手の情報が満載!

このサイトはタクシー運転手として働きたい人のために、魅力的な会社に応募するための方法を掲載しています。
働いてから後悔しないためのコツを載せているので、良い会社の求人情報とはどういったものなのか分からないという人はチェックしてください。
あまり有名ではない会社は止めた方が良いのかという点にも触れるので、色々なところに応募したいときは参考になるでしょう。
運転手として働いた事が無い人向けの選び方も教えているため、未経験者にもピッタリです。

失敗しないタクシー求人の探し方!

失敗しないタクシー求人の探し方! タクシー会社の仕事を探すときは、サポート態勢が万全なサービスを利用しましょう。
問い合わせでの相談を受け付けていたり求人の探し方が分からない人のために役立つ記事を記載している求人サイトがあるため、職探しをするときに活用すると便利です。
求人情報がたくさん掲載してあるところであれば色々な条件の職場を一度に確認できるので、より良いタクシー会社に応募しやすくなるという魅力があります。
カーナビが使用できる会社を検索できるサイトもあるので、あまり地理に詳しくないという場合は探してみる事をおすすめします。
働くために遠い場所から引っ越す予定だけど金銭的負担が大きいと感じている人は、祝い金が貰えるところを選ぶと良いでしょう。

タクシードライバーの求人で失敗したと思うこと

タクシードライバーの求人で失敗したと思うこと タクシードライバーの求人で、失敗したと思う人もいます。
多いのが「思っていたよりも稼ぐことが出来ない」といったものです。
タクシードライバーは、固定給もありますが基本歩合制です。
固定給は低く、プラス歩合制で給与となるため、歩合制で稼ぐことが出来ないと給与は低くなってしまいます。
そのため求人に出ていたほど稼ぐことが出来ないなど、失敗したと思う人がいるようです。
給与は実働時間に比例していないので、稼げる時間に働かなければ収入につながらないということにもなります。
そのため昼間の勤務だけでは厳しいというのが現状です。
効率よく稼ぐためには、メーターの割増料金が発生する夜に働く必要が出てきます。
夜働くことになると、生活のリズムが狂うなど寝不足にもなりやすくなります。
給与のほとんどが歩合制となるため、休みも取りにくくなるなど自分の時間を持てないということにもつながります。
大手の会社ではきちんとしたシフトを組まれることもありますが、長時間労働になることが多く、寝不足など体力的にも厳しく、失敗したと思う方も多いようです。
そのため、求人情報をきちんとチェックし、どのような仕事なのか、どのような働き方になるのか確認することが大切です。

自分が働くタクシー会社を選ぶ

タクシー会社の求人で注目すべきポイントは、働いている人をしっかりサポートしてくれるかという点です。給料の良さだけではなく研修の有無や社員寮を用意しているか等、確認すべき点はいくつかあります。タクシーの求人にはどんな魅力があるのか詳しく記載しているため、より条件の良いところを探して応募する事が大切です。
インターネットで検索すれば実際に働いた人の口コミが書いてあるサイトも発見できるため、応募する前に職場の雰囲気が知りたいときは参考にすると良いでしょう。同じところで長く働くためには自分に合っている社風の会社を選ぶ必要があるので、できるだけ評判を調べる事をおすすめします。
女性がタクシードライバーとして働きたい場合は、子育てがしやすいところか確認しておくことも重要なポイントと言えるでしょう。働きたい地域によっては託児所がある会社も発見できるので、小さい子供を育てる場合は申し込み前に調べておくと安心です。

タクシー運転手は目も大事

タクシー運転手は安全運転で乗客の命を預かる仕事の1つとなっていますので、何らかの目の疾患があって視野がかけているような場合に離れないことがあることを知っておくのも損はないでしょう。なぜならば著しく目が見えていない状態にある方の場合には運転に適正がないと会社側から判断されてしまうケースなどもないことはないという事実があるからです。
タクシー会社では必ず入社時に健康診断をして、運転に支障がないのかどうかをチェックしていきます。この際に何か体に異常があった場合や、視野検査などで異常が認められた場合には希望通りにこの仕事に付くことが困難になってしまいます。ですからタクシーの運転手を目指そうと思っている方の中で目に病気を抱えているのならば出来る限り治してから受けることにするか、治らない疾患を抱えているのならば残念ながらタクシー運転手になる道を諦めて他の道を探すということが大事になってくるので知っておきましょう。

タクシー会社の経営体制

タクシー会社の経営体制というのはその会社によってかなり異なっているというのが事実の一つです。
経営者がドライバー経験があって自分で開業している場合もあれば、別業種の全く関係ない人がこれらの事業を展開するために経営を進めているケースも少なくありません。どういった例でも経営陣がどのような理念を持ってい経営をしていっているのかは大切なキーワードとなっていきますから、就職する際には出来る限りそのタクシー会社の理念などを調べてから入社することが大切になってくるのです。
万が一確認しないで入っった場合には、もしかしたら思った会社とは違ったというような感想を持ってしまうことにつながることもあるかもしれませんから、そうならないようにするためにも出来る限り事前に下調べをしていき、会社の運営状況などがどうなっているのかや、どんな会社と関係があるのかについて詳しく調べて確認していくのが大事になりますのでまずは見てみることにしましょう。

タクシーの見分け方

タクシーを利用することが多いという方は、タクシーの見分け方も重要です。どのタクシーでも同程度のサービスならいいですが、タクシー会社やドライバーによってもサービスなどにも差が出てくるのも事実です。
見分け方としては、ネットなどで評価をチェックしてみるのもいいといえます。会社によっては評価が高い、低いが分かれています。その点から、評価の高い会社を利用してみることで、比較的ドライバーなども優良なケースが多いとみていいでしょう。
普段から、特に気にせず利用しているという方は、一度ネット上で会社ごとの評価をチェックしておきましょう。違いが判断できるようになれば、利用する側としても優良なドライバーが多い会社を利用することになり、気分よく利用できるということにもなります。同じお金を払うならば、サービスのいいドライバーを利用したいものです。そのため、ネット上で情報収集して、納得のいく会社を見つけてみるといいでしょう。

個人で働くメリット

個人タクシーを始める最大のメリットは、金銭面にあると言ってよいでしょう。
基本的に言って、タクシー業界の給与体制は歩合制となっていますが、法人の場合は自分が顧客を乗せて稼いだお金の何割かを会社に納める必要があります。
つまり、一生懸命働いて稼いだお金の全額が自分の給与になるわけではないというわけです。
それに対して個人タクシーであれば、稼いだ全額が自分のものになるというメリットがあります。
もちろん、自動車の購入にかかるお金や維持費、またガソリン代といった経費の全てが自己負担となるため出費も少なからずあるのは事実です。
しかし、完全歩合制であるため、自分の実力次第では、法人タクシーのドライバーとして勤務する場合と比べて、売り上げを大幅に伸ばすこともできるでしょう。
もう一つのメリットは、時間の拘束がないという点です。
法人の場合、シフトによる時間的な拘束があることは避けられませんが、自分で始める場合は働きたい時に働いて、休みたい時に休むといった比較的自由な働き方も可能なのです。


Copyright © 2018 タクシー運転手を始めよう all rights reserved.