タクシー運転手を始めよう

求人情報を見る時の注意点

求人情報を見る時の注意点

求人情報を見る時の注意点 生活しているエリアは人通りが少ないために、タクシーの運転手として働こうとしても収入が期待できないと悩んでいる人は、まずは求人情報を読む事をおすすめします。自宅から離れた地域でも安心して仕事を始められるように、寮付きのタクシー運転手の求人情報も増えており、人通りの多い地域で乗客を探す事が可能です。エアコンなどの空調設備が整っているだけでなく、インターネット回線の工事も済んでいる快適な寮で生活しながら、短期間で多くの収入が得られる可能性もあります。
写真付きで求人情報を掲載しているウェブサイトなどは、寮の写真なども一緒に掲載している事が多いので、写真を参考にしながら働きやすい環境か確かめてください。事故補償に関する情報も掲載されている場合もありますから、違反金などの対応で満足できる会社を探すためにも、まずは情報を集める事が重要です。自動車の運転に慣れていない人でも、社員教育がしっかりしている会社なら安心して仕事を始められます。

増税に合わせて値上がり

増税に合わせて値上がり 10月1日から消費税が増税されることでタクシー運賃も改定され一斉に値上がりしてます。国土交通省も認めてますが増税分を上回る値上げの申請については認可を見送りました。最初は認可する予定の方針を増税後の景気への悪影響を心配し急に変更されたもので業界でも困惑が広がってます。
今回のタクシー運賃の改定で初乗りは大体10円値上がりで、東京都深部だと距離1.052㎞で420円、大阪市は2㎞で690円で福岡市は1.6㎞で690円です。札幌や名古屋は据え置きますが初乗り距離を短くする形で実質値上げとなります。
これは地域ごとに申請と認可する仕組みで、全国99地域の中で25都道府県の48地域は今春ごろまでに増税分と共に1割から2割ほど税抜き運賃部分の値上げも申請してました。これは人出不足が問題の運転手の待遇改善などにあてるためで、最初は国交省も認める予定でした。ただ、経済産業省や内閣府などから消費税増額の時期と同じだと景気への影響が懸念されるなどの意見があり、見送りが決まり8月30日に継続審査になってます。


Copyright © 2018 タクシー運転手を始めよう all rights reserved.