タクシー運転手を始めよう

タクシーの運転手になるための免許

タクシーの運転手になるための免許

タクシーの運転手になるための免許 タクシーの運転手として仕事をするためには、普通自動車第二種免許をとって客車を運転できるようにしなければならないことは、多くの人が知るところとなっています。しかし、タクシー会社への就職を目指して採用試験に応募する段階では、この免許が未取得のままでも大丈夫な場合が多いです。
普通二種を持っていないままタクシー会社に入ってきた場合、タクシー会社が提携する自動車教習所に通って普通二種の取得を目指すことになります。合宿コースになるのか、通所コースになるのかは会社ごとに異なりますが、順調に進めば2~4週間程度で普通二種の保有者になることができます。入社前に取得すると、30万円前後にもなる教習料金はすべて自分自身で負担しなければなりませんが、入社後だと料金の一部を会社が負担してくれることが多く、また毎月の給料も入ってくるため、金銭面の負担が少なくて済みます。
ただし、入社前に普通二種を取得することにも、未取得者より早く業務につくことができるようになるメリットがあるので、入社前に普通二種の保有者になっておくかどうかはよく考えてから決めると良いです。

タクシードライバーには接客スキルも大切

タクシードライバーには接客スキルも大切 仕事探しをしていて、自動車運転に興味を持っている方は、選択肢の中にはタクシードライバーという仕事もあります。
自動車の運転に支障が無い方であれば、殆どの方が仕事に就くことができる現状でもあり、多くの会社から募集をしています。タクシードライバーは単に運転技術が優れているということだけではなく、接客というスキルも必要とされることがあります。仕事をするエリアにより違いはあるものの、乗客から運転中に話しかけられることも度々あるものです。その際には乗客に不愉快な印象を与えないように上手く接客することで、会社の評判も良くすることができます。現在では旅行者が増えていることによって、会話の中には案内を含むことも多いものです。エリアにしている範囲の地域情報や、お店の情報などを常に身に付けておくことにより、喜ばれるドライバーになることができます。スキルはあまり難しいものではなく、乗客が求めている回答をスムーズに行えたり、時にはアドバイスをする範囲なので、タクシードライバーを目指している方は、ある程度の話術が必要になることは前提です。


Copyright © 2018 タクシー運転手を始めよう all rights reserved.